査定はこんな感じ

私は昔仕事をはじめた頃会社の先輩たちはブランド物をみんなもっていました。銀行に努めていたため皆さんそれなりにはお金があり、また見栄もあったと思いますが、とにかくすごくびっくりでした。社会人になってすぐに先輩たちのブランドに影響されて私もほしくなりました。はじめてのボーナスでブランドの財布を買うことにしました。その時も会社の先輩についてきてもらって一緒に選んでもらいました。そこから、ブランドにはまりお金を貯めては、ブランドのバックを買いに行きました。

そして先輩たちとブランドの情報交換などの交流をしていました。そんな私も時間が流れて結婚をして子供もできました。昔使っていたブランドのバックやあまり使わなかったブランド品などがクローゼットに眠っていました。そんなある日、テレビのブランド買取の番組をみました。私はクローゼットにあるブランド品を思い出しました。もう使っていないならそのままにしておかないで、買取に出してみようと思ったのです。また、私は結婚してから専業主婦のためお金を稼いでくることもなく主人のお金だけで生活していたため、少しでもお金にして子供と美味しいものでも食べに行けたらとおもいました。

早速調べてみると、宅配で査定してもらうのと実際にお店に行って査定をしてもらうのがありました。私はお店に行くことにしました。査定はこんな感じでした。私はよくテレビなどでも知られている会社にしました。まずは初めてだったので名前や住所をかいてから、身分証明書を出しました。そのあと順番を待ちました。部屋に入ってからブランド品をみせました。いつ頃買ったのかや、なぜ売るのかなどを話ながら査定してもらいました。5点もっていって33000円でした。

お店のひとにその金額で売りますかと聞かれて悩んでいると5点すべて売るなら35000円でどうですかと言われ、売ることにしました。古い形のバックだったためお金になるか不安でしたが、それなりの金額になりました。金額が決まると別の部屋に行き現金をもらいました。有名な会社だったため、ちゃんと順序がしっかりていて信頼できる会社でした。それなりにお客もいました。

すぐにお金にかえられたためまだ他のブランド品もあるため売りに行こうと思いました。35000円で、ごはんを食べにいった他に映画にもいけました。もしいらないブランド品が家にある人がいるなら是非査定してもらったほうがいいですよ。